ヨガを指導する

PCの前の子どもたち

ヨガを指導する人は、ヨガインストラクターになる為の道を選ぶでしょう。教室やスタジオに通い、上達してきたからといって簡単に人に教えることはなかなか難しいことです。そこには、知識や経験が必要だからです。ヨガインストラクターになるためには、ヨガの哲学からポーズの効能・注意点、プラーナやチャクラといったヨガ独自の体の捉え方などを理解していることが必要です。自分の体ではわかっているつもりでも、他人の体は自分とは全然違うということが普通なので、講座に通い、指導方法なども学んでいくのです。今は、インターネットや雑誌でもたくさんの資格取得や養成講座の募集があり、また、通っている教室でも指導者養成講座を開講されているところもあります。時間もお金も決して少なくはない指導者養成講座。何を学ぶか、何を身につけられるか、しっかりと見極めて、参加されることが望ましいです。

ヨガを指導する人は、ヨガインストラクターになる為の道を選ぶでしょう。教室やスタジオに通い、上達してきたからといって簡単に人に教えることはなかなか難しいことです。そこには、知識や経験が必要だからです。ヨガインストラクターになるためには、ヨガの哲学からポーズの効能・注意点、プラーナやチャクラといったヨガ独自の体の捉え方などを理解していることが必要です。自分の体ではわかっているつもりでも、他人の体は自分とは全然違うということが普通なので、講座に通い、指導方法なども学んでいくのです。今は、インターネットや雑誌でもたくさんの資格取得や養成講座の募集があり、また、通っている教室でも指導者養成講座を開講されているところもあります。時間もお金も決して少なくはない指導者養成講座。何を学ぶか、何を身につけられるか、しっかりと見極めて、参加されることが望ましいです。

インストラクターになりたい方が多い理由として、まずはヨガが本当に楽しく気持ちのいいものだからというのがあげられます。実際に指導者で活躍している方のほとんどは、ヨガによって救われた方が多いのではないでしょうか。自分が救われ、癒されたため、今度は、周りの人にも救いたいという思いで指導者になられる方が多いです。悩みや不調、ストレスを抱える人が多い現代では、ヨガに救いを求める人は少なくありません。もうひとつは、ヨガをもっと深く学びたいという思いです。レッスンはポーズが主流であまり哲学的なものは教えてもらえませんが、本当は、呼吸法、瞑想、食事、考え方など様々なことが混ざり合って存在しています。そのひとつひとつに意味があり、知っていくほど面白いものです。これは、指導者養成講座でないと教えてもらえないことが多いため、資格は必要ないが勉強したいという方々に人気です。また、海外で行われる講座も多くあり、旅行の一環として人気があるのではないでしょうか。